腕の細さが気になりました

【みかんまろん】
私は全身で言えば普通の体型だと思いますが、腕がすごく細いのです。
私は現在40代ですが、ずっと昔から腕細いねと人に言われてきました。
半袖を来ていると目につくからだと思いますが・・・
手首などは小学生の息子と同じくらいですし、腕時計も一番奥の穴に入れてもちょっと余裕があります。
細いねと言われるのは若い時はさほど気にしていませんでしたが、今はこれがコンプレックスになってきました。
年齢とともに腕の血管が目立つようになってきたのです。
もともと色も白いので静脈が青く見えるんですが、年を取ってくるとその血管が浮き上がってくるのです。
私は血管が太めで血液検査で失敗されたことがないくらいよく見える血管でして若く張りのある肌のときはそれはメリットでしたが今はただこの血管どうにかして~と思っています。
ネットで調べるとやはり年齢とともに血管は目立ってくる、脂肪の少ない人はそのぶん血管が浮き上がってくるとありました。
対策は「脂肪をつける」か「あきらめる」の二択です。
ようするに腕が太くなればいいわけでと思い、たくさん食べて太ればよいのかもと思って普段が小食目だったこともあり、いっぱい炭水化物を食べて太ろうという努力をしたわけです。
結果、下半身にだけ肉がつき、上半身にはつきません。顔にもちょっとつきましたが。
やはり脂肪のつきやすい部位というのは個人個人であるようで私の腕は脂肪がつきにくい性質なようでした。ただ太ってズボンがきつくなっただけになってしまいました。
しかし手の甲の血管など本当に気持ち悪くて自分の手なのに見るのも嫌になってきたので、脂肪がだめなら筋肉はどうだろうと思って今度は筋トレ、特に腕中心で重いものを持ったり体操したり腕立てしたりとがんばりました。
結果、力コブもりもりになり上腕は太くなりましたがひじから下は相変わらずです。
相変わらずどころか、筋肉をつけたら血管が太くなったように感じます。
もう完全に「ザ・男の腕」という状態になってしまいました。
あまりにも血管が浮き上がるのでそのうち血が吹き出るのではないかという恐怖があるのですが、もう二択の「あきらめる」を選択せざるを得ないのだろうなと思っています。
実験の結果、太る太らないは体質として受け入れるしかないのかもしれません。

プルエルの効果

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする