プルエルに入っている漢方って?

漢方とはなんだろう?調べて見ました

漢方とは癒すこと

病名のつかないなんとなくの不調は心と体のバランスが崩れているシグナルです。
漢方は心身のバランスをとるためにどうしたら良いかを考えて生まれたものです。

五臓が弱ると、症状が現れる

五臓とは
「肝・心・脾・肺・賢」のことです。

肝は肝臓ではなく、肝臓機能を含んだもっと広い範囲の働きとして考えます。

五臓の働き 肝

気の流れをつかさどる、消化を助ける。
血液量を調整する

肝が弱ると症状がでやすい部分

自律神経
情緒
消化
血液量
肝臓
胆のう
顔色

五臓の動き 心

精神や意識思考力と深くかかわる。

血液をポン作用により送り出し栄養を送る。

心が弱ると症状がでやすい部分

睡眠
精神
意識
血液の循環
心臓
小腸

顔色

五臓の動き 脾

消化吸収を管理する

栄養物を運び老廃物を排出する。

脾が弱るとでやすい症状
消化吸収
味覚
血液のコントロール
脾臓



筋肉

五臓の働き 肺

呼吸運動をつかさどる。
全身の気の調整や水分の運行調整を行う。

肺が弱るとでやすい症状

呼吸
水分代謝
味覚
排出



皮膚
大腸

五臓の動き賢

成長・発育・性欲・生殖と深くかかわる
体内の水分貯蔵と代謝をつかさどる

成長
発育
性欲
生殖
聴覚
膀胱


漢方では、トラブルのある部分だけをみていると気付かない別の部分の不調や症状の根本を知ることができます

たとえば大人になってアトピー性皮膚炎で漢方薬局に来た人の根本的な要因が、子供の頃のぜんそくに合った例があります。

まったく関係がないように見えますが

これは漢方の考え方の一つ
五臓では、肺と皮膚は密接な関係にあり肺の動きが弱くなると、
皮膚のトラブルとして表れることがあるのです。

プルエルの説明

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする