消化酵素ってなんだろう

消化酵素(しょうかこうそ)は、消化に使われる酵素のことである。

分解される栄養素によって炭水化物分解酵素、タンパク質分解酵素、脂肪分解酵素などに分けられる。
生物が食物を分解するために産生するほかは、食品加工、胃腸薬、洗剤として使用される。

消化酵素はその名の通り食べたものを体が吸収しやすいように消化するためのもの。
たとえば、ご飯などに含まれるデンプンを分解するのはアミラーゼ、肉などのたんぱく質の分解はプロテアーゼ、脂肪の分解にはリパーゼという酵素が働いています。

これら消化酵素の働きにより、分解された栄養素は小腸で吸収され、体のためのエネルギーとなります。

海外ではサプリメントとしての利用も一般化している。

消化酵素とは食べ物を消化分解し、体に吸収するために必要な酵素です。

代謝酵素にはおもに4つの働きがあります。
新陳代謝を良くする
体の中の毒素を汗や尿で排出する
自然治癒力を高める
免疫力を高める
食材に含まれる栄養素を利用して体の中の消化管で食材を分解し、腸において消化吸収されています

こうした様々な栄養素を食事から体に取り入れ、そして体の中で新たに組み立て直すことが酵素の主要な役割です。
それでは、生命活動に欠かせない「酵素」の働きを、「消化酵素」と「代謝酵素」の観点からみていきましょう。

プルエル詳細

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする